音の波形、オーディオスペクトルの一部からキーフレームを自動生成───
リズムにシンクロしたサウンドアニメーションを実現

Trapcode Sound Keys
トラップコード サウンドキーズ
効果:サウンドアニメーション
開発:Trapcode
種類:After Effects プラグイン
Trapcode Sound Keys
¥17,490
ダウンロードB

セット、アップグレードなど関連製品 価格 ご注文

Trapcode 全10製品のお得なセット
Trapcode Suite 12.1

全10製品を収録(3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.3、Particular 2.2、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0)

ダウンロードB
¥102,810
Trapcode 全製品とコンポ集4製品
Trapcode Suite 12.1 と Trapcode コンポジション集4製品セット

全13製品を収録(Trapcode プラグイン9製品:3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.2、Particular 2.1、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0 と、Red Giant Trapcode プラグイン用 プリセット・コンポジション集 Light Effects、Text Effects Vol.1/Vol.2、Looping Background の4製品)

※Trapcode コンポジション集は、After Effects のみでご利用いただけます。

ダウンロードB
¥148,820
Trapcode 全製品とLMEコンポ集セット
Trapcode Suite 12.1 と LME コンポジション集 All 8 Collections

全17製品を収録(Trapcode プラグイン9製品:3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.3、Particular 2.2、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0 と、LME Trapcode プラグイン用 プリセット・コンポジション集1〜8の7製品)

※LME コンポジション集は、After Effects のみでご利用いただけます。

ダウンロードB
¥176,680
その他 セット、アップグレードなど関連製品
Trapcode Suite 12 Upgrade (from Suite 2007/ 2008/ 2008.5/ 2009/ 10/ 11) > 価格・ご注文

旧バージョンの「Trapcode Suite」をお持ちのユーザーの皆様には、最新の「Trapcode Suite 12」を割引価格でご利用頂けるアップグレード製品をご用意しております。「Trapcode Suite 2007/2008/2008.5/2009/10/11」をお持ちの方が対象です。

Trapcode Suite 12 Special Upgrade(Trapcode 4製品以上のユーザー限定) > 価格・ご注文

Trapcode 社製品の中で、任意の4製品をお持ちであれば、Trapcode Suite 12 を、特別価格でご購入頂ける製品です。

デモ & 正規版(最新インストーラー)ダウンロード

Trapcode 全プラグインのインストーラー(デモ&正規版)は、Trapcode Suite のインストーラーに統合されました。
製品のインストーラーは、デモ版、正規版、旧バージョンからのアップデータを兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。
デモ版試用制限:After Effects1回の起動につき300個までキーフレームを生成できます。

Trapcode Suite 11 など旧製品のインストーラーは、上記別ページにてダウンロード頂けます。

Trapcode Sound Keys 動作環境/製品仕様

【Windows 版】
対応アプリケーション:
  • - Adobe After Effects CC / CS6 / CS5.5 / CS5 / CS4 / CS3
【Macintosh 版】
対応アプリケーション:
  • - Adobe After Effects CC / CS6 / CS5.5 / CS5 / CS4 / CS3
対応 OS/ハードウェア:
  • - Windows XP SP1 以降
  • - Windows Vista (32-bit/64-bit)
  • - Windows 7 (32-bit/64-bit)
  • - Windows 8 (32-bit/64-bit)
  • - Pentium 4 2.4 GHz 以上のスペック(あるいは、AMDと同等)
  • - 2GB 以上のメモリ
  • - ハードディスクに30MB以上の空き容量
対応 OS/ハードウェア:
  • - Mac OS X 10.5.8 以降
  • - Mac OS X 10.6 - 10.6.8
  • - Mac OS X 10.7.2 以降
  • - Mac OS X 10.8
  • - Mac OS X 10.9
  • - Intel Mac
  • - 2GB 以上のメモリ
  • - ハードディスクに30MB以上の空き容量

ネットワークレンダリングについて

  • - 開発元:Trapcode
  • - インターフェイス:英語版
  • - 販売形態:ダウンロード
  • - 日本語マニュアル:html形式をダウンロードでご提供致します。

Trapcode Sound Keys 製品概要

Ljosio (previously known as Let Yourself Feel) (from Esteban Diacono)

Sound Keys は、サウンドのスペクトルからキーフレームを作成できるプラグインです。音楽とシンクロしたアニメーションを手軽に実現します。

音の要素からキーフレームを生成

音声のスペクトルの特定の範囲を視覚的に選ぶことができ、その選択されたスペクトルの密度によってキーフレームを作ります。つまり音声のエネルギーをキーフレームに変換できるので、キックドラムだけのリズムを取ったり、ボーカルだけにリンクしたキーフレームを簡単に抜き出すことができます。
作り出されたキーフレームにオブジェクトの動きをリンクさせると、オーディオにシンクロしたアニメーションになります。これまで耳でリズムを取りながらたくさんのキーフレームを打ち込んで苦労していた方には、非常に便利なプラグインです。

編集、修正しやすいキーフレーム

一般的なエフェクトとして適用されるので、作り出されたキーフレームはパラメータとしてエクスプレッションでリンクすることができます。
大きなメリットとして、プラグインのための全てのセッティングがプロジェクトで保存できる点があります。 これにより微調整がいつでも可能となり、キーフレームが再び作成されるので、作業時間をセーブすることができます。

Trapcode Sound Keys ギャラリー・使用作品

Sprang (from Matt Taylor)

SoundKeys は、実写と音楽の同期にも大変有効です。こちらは、幼子のファミリービデオに、SoundKeys を活用したエクセレントな一品。時折リズムに合わせてリピートする小さな男の子の動きがめちゃめちゃグレートにキュートです。

Sound & Motion (from Flying Start UK)

こちらも実写と音楽をシンクロさせた一品。男性をとらえたショットを音楽のエッセンスごとにシェイクさせるなど。サウンドと映像のシンクロをうまく活用したアイディアのある作品です。

ASCENSION (from chris lavelle)

Trapcode Particular で生成した様々なオブジェクトの動きに SoundKeys を使用した作品です。SoundKeys は、Particular など Trapcode プラグインで作成したオブジェクトのモーション作成の相性が大変よいです。

opening idea (from chris lavelle)

Particular で作成されたキルトのダンス。まるで Particular のオブジェクトがリアルな生き物のように見えます。

Experimentation Particular Ink from Clement Perron

こちらは音楽に乗りながら煙を吐くオブジェクトイメージ。空中を泳ぐ Particular のオブジェクトのダンスが Sound keys によって巧みに表現されています。

#FullCircle (from NEEKOE)

Cinema 4D で作成されたオブジェクトをAfter Effects 、Sound Keys を活用してアニメートした作品。髪の毛のようなオブジェクトが生々しく動きます。

Trapcode MIR + Sound Keys experiment (from abe nehrer)

Trapcode Mir で作成したオブジェクトの形状が、サウンドに合わせて変化します。

Enjoy (Further Over The Edge Mix) (from DropDrop Studios)

こちらは、Trapcode MirParticular で作成されたオブジェクトをSound Keysで動きをつけた作品です。

Trapcode Sound Keys サンプルプロジェクト

THEMYSTICBLACK (from Peder Norrby)

Particular で作られた伸びるホウキの先のような形状が、リズムに合わせて伸びていきます。合わせてトレーニングビデオもご参照ください。

Trapcode Sound Keys トレーニング

【オーディオスペクトラムの抽出方法】
  • 1. タイムラインにオーディオファイルを配置します。
  • 2. 新規平面を作成し、Effect > Trapcode > Sound Keys を適用します。
  • 3. Sound Keys のエフェクトパレットの Audio Layer メニューより、配置したオーディオファイルを選択します。
  • 4. この状態で再生すると、コンポジションウインドウに、オーディオスペクトラムが表示されます。
  • 5. Work area Layer を5秒程度に設定してください。
  • 6. RAMプレビューし、スペクトラムがオーディオに伴って動くのを確認します。
  • 7. オーディオスペクトルの緑色の四角で、キャプチャしたいスペクトラムのレンジを定義します。レンジは一度につき3つまで指定できます。レンジを指定する場合、エフェクトパレット Renge 2,3の Ative をチェックします。
  • 8. エフェクトパレット一番下にある Apply ボタンをクリックします。Sound Keys のレイヤーに自動的にキーフレームが生成されます。
  • 9. Sound Keys のキーフレームを抽出したレイヤーを選択します。アニメーション>アニメートされているプロパティを表示を選び(「u」キーを押す)、キーフレームが作成された「Output1」が表示されます。
【作成されたキーフレームをオブジェクトに適用する場合にエクスプレッションを利用】
  • 1. 例えばオブジェクトの大きさを変更したい場合、オブジェクトレイヤー>トランスフォーム>スケールを選択し、アニメーション>エクスプレッションを追加を選択します。コンポジションのタイムラインのスケール%が表示される脇にエクスプレッションのボタンが3つ追加されます。
  • 2. このエクスプレッションのボタンの真ん中の渦巻きのアイコンをクリックし、エクスプレッションのターゲットを参照、つまり、キーフレームがある前記の「Output1」にリンクさせます。(→が出ますので、「Output1」の名前に重ねて離します)
  • 3. キーフレームが参照されましたので、再生をして動きをご確認ください。キーフレームに合わせてオブジェクトの大きさが変ります。
THEMYSTICBLACK - tutorial (from Peder Norrby)

Red Giant / Trapcode 社製品使用規約について

Red Giant / Trapcode 社製品は、1ライセンス(1つのシリアルNo.)につき、Windows、Macintosh どちらか1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.)は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です。)
インストールは、1ライセンスにつき、2台のコンピューター(デスクトップ1台とノート1台)に行えますが、2台のマシンで同時に使用することは許可されておりません。(ボリュームライセンスプログラムを除きます)