OBJ の3Dモデルや3Dシークエンスから、3Dパーティクルを生成!
座標軸(グリッド)ベースの3Dパーティクルソフト

Trapcode Form 2
トラップコード フォーム 2
効果:パーティクル/粒子
開発:Trapcode
種類:After Effects プラグイン
Trapcode Form 2
¥25,050
ダウンロードB

セット、アップグレードなど関連製品 価格 ご注文

Trapcode 全10製品のお得なセット
Trapcode Suite 12.1

全10製品を収録(3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.3、Particular 2.2、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0)

※2つの David Vinson's プリセット集(Particle Vol1 / Super Ray's for Shine)が付属します。

ダウンロードB
¥112,750
Trapcode 全製品とコンポ集4製品
Trapcode Suite 12.1 と Trapcode コンポジション集4製品セット

全13製品を収録(Trapcode プラグイン9製品:3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.2、Particular 2.1、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0 と、Red Giant Trapcode プラグイン用 プリセット・コンポジション集 Light Effects、Text Effects Vol.1/Vol.2、Looping Background の4製品)

※Trapcode コンポジション集は、After Effects のみでご利用いただけます。

※2つの David Vinson's プリセット集(Particle Vol1 / Super Ray's for Shine)が付属します。

ダウンロードB
¥159,840
Trapcode 全製品とLMEコンポ集セット
Trapcode Suite 12.1 と LME コンポジション集 All 8 Collections

全17製品を収録(Trapcode プラグイン9製品:3D Stroke 2.6、Echospace 1.1、Form 2、Horizon 1.1、Lux 1.3、Particular 2.2、 Shine 1.6、Sound Keys 1.2、Starglow 1.6、Mir 1.0 と、LME Trapcode プラグイン用 プリセット・コンポジション集1〜8の7製品)

※LME コンポジション集は、After Effects のみでご利用いただけます。

※2つの David Vinson's プリセット集(Particle Vol1 / Super Ray's for Shine)が付属します。

ダウンロードB
¥190,940
Form アップグレード
Trapcode Form 2 Upgrade (from v1.x)

Form バージョン1.x をお持ちのユーザーの皆様には、Form バージョン2を優待価格でご利用頂ける、アップグレード版をご提供しております。ぜひご利用ください。
Trapcode Suite 2007 以降をお持ちのお客さまは、同じ金額でSuite 最新版へのアップグレードが可能です。

ダウンロードA
¥12,520
その他 セット、アップグレードなど関連製品
Trapcode Suite 12 Upgrade (from Suite 2007/ 2008/ 2008.5/ 2009/ 10/ 11) > 価格・ご注文

旧バージョンの「Trapcode Suite」をお持ちのユーザーの皆様には、最新の「Trapcode Suite 12」を割引価格でご利用頂けるアップグレード製品をご用意しております。「Trapcode Suite 2007/2008/2008.5/2009/10/11」をお持ちの方が対象です。

Trapcode Suite 12 Special Upgrade(Trapcode 4製品以上のユーザー限定) > 価格・ご注文

Trapcode 社製品の中で、任意の4製品をお持ちであれば、Trapcode Suite 12 を、特別価格でご購入頂ける製品です。

デモ & 正規版 ダウンロード

Trapcode 全プラグインのインストーラー(デモ&正規版)は、Trapcode Suite のインストーラーに統合されました(収録されるForm のバージョンは2.0です)。

Form 1、もしくは Trapcode 2009 以前のシリアルをお持ちのお客様は Form 2、もしくは最新版の Trapcode Suite に含まれる Form を認証することができません。
Form 2 のご利用を希望されるお客様は 、最新版 Form、もしくは 最新版 Trapcode Suite にアップグレード頂けますようお願いします。

製品のインストーラーは、デモ版、正規版、旧バージョンからのアップデータを兼用しています。正規ライセンスの認証を行わない場合、デモ版(画面に×印が表示されます)として製品の全機能をお試し頂けます。

Trapcode Suite 11 など旧製品のインストーラーは、上記別ページにてダウンロード頂けます。

Trapcode Form 動作環境/製品仕様

※最新の動作環境と異なる場合がございますので、事前にデモ版を使ってお試し下さい。

【Windows 版】
対応アプリケーション:
  • - Adobe After Effects CC2014 / CC / CS6 / CS5.5 / CS5
【Macintosh 版】
対応アプリケーション:
  • - Adobe After Effects CC2014 / CC / CS6 / CS5.5 / CS5
対応 OS/ハードウェア:
  • - Windows XP SP1 以降
  • - Windows Vista (64-bit)
  • - Windows 7 (64-bit)
  • - Windows 8 (64-bit)
  • - Pentium 4 / 2.4 GHz 以上のスペック(あるいは、AMDと同等)
  • - 2GB 以上のメモリ
  • - ハードディスクに30MB 以上の空き容量
対応 OS/ハードウェア:
  • - Mac OS X 10.6.8
  • - Mac OS X 10.7.2 以降
  • - Mac OS X 10.8
  • - Mac OS X 10.9
  • - Intel Mac
  • - 2GB 以上のメモリ
  • - ハードディスクに30MB 以上の空き容量
  • - 開発元:Trapcode
  • - インターフェイス:英語版
  • - 販売形態:ダウンロード
  • - 日本語マニュアル:html形式(バージョン1)をダウンロードでご提供致します。

Trapcode Form 製品概要

Form は、After Effectsで、OBJの3Dモデル、3Dシークエンスから3Dパーティクルを生成できる、座標軸(グリッド)ベースの3Dパーティクルソフトです。

同社の Particular のように、粒子(パーティクル)を発生、消滅させるソフトとは異なり、3Dの空間上(X,Y,Zの3D座標軸)に存在する粒子の大きさ、形状、色、密度などをコントロールし、様々な形状を作成します。

粒子が集まり一つの形を作ったり、逆にチリのように分裂させるアニメーションに最適です。例えば、テキストやロゴ、3Dモデルが、砂のように崩れ落ちる、爆発して散るといったVFXを作成できます。

バージョン2では、パーティクルを作るグループ形状にOBJファイルが対応。3Dソフトで作成した3Dモデルや3Dシークエンスから3Dパーティクルを生成できます。またシェーディング機能を搭載。After Effects のライトを使ってパーティクルのグループや粒子に陰影をつけられるようになりました。

ほか48のOBJファイル、5つのOBJシークエンスを収録。新たな19のプリセットの追加など。多数の機能が拡張されています。

その他機能では、Audio Reactors(オーディオリアクター)により、サウンドやボイスの音源とアニメーションの同期を実現。オーディオに連動した美しいパーティクルを自動生成する、オーディオビジュアライザーとして利用できます。

また、途切れのないループ映像の作成や、異なるレイヤーをパーティクルのマップに使うことも可能です。パーティクルの動きのみを別オブジェクトに反映させることで、例えばテキストやロゴを粒子化させるといった演出が行えます。

揺れる水面、燃え上がる炎、流れる糸、ゆらめくオーロラなど、有機的な動きをイメージさせる3Dパーティクルの作成を手軽に実現する Trapcode Form。ぜひあなたの作品で新たな3Dパーティクルアニメーションをお試しください。

Trapcode Form エフェクト解説

Trapcode Form をビデオで紹介!
3Dモデルを活用したパーティクルの作成方法など

Adobe 映像塾 AE手品でもおなじみ緒方達郎氏が、エフェクトの面白さをたっぷりと紹介する Effect Recipe(エフェクト・レシピ)!第二弾にて、【Trapcode From】を解説頂きました。

Form の各パラメーターの使い方から、実際の作例まで、丁寧にご紹介しております。Form がはじめての方から、実際に製品を使われているユーザーのみなさままで、ぜひ実際の作品作りの参考としてお役立てください。

パート1:Form のパラメーター解説
パート2:Form 応用編「サウンドに合わせたパーティクルの生成」<作例1>
パート3:Form 応用編「砂のように消えるテキストのパーティクル生成」<作例2> 「3Dオブジェクトを使用したパーティクルアニメーション」<作例3>

Trapcode Form ギャラリー・使用作品

afloat (from Barbecue)

Form のフラクタルフィールドを使って作成された、水中で自由に揺れるシルクのようなイメージです。

Form flow (from Pierre Henni)

Form らしいビジュアルの一つ、フラクタルフィールド。3Dメッシュのフィールドがリズムに合わせて変化します。

Silver Black Cycle (from Rhett Dashwood)

Oの文字をモチーフにしたイメージ。平面のテキストから、揺れる3Dメッシュへ移り変わるアニメーションです。

Constellation (2012) (from defasten)

中盤からのショパン エチュード Op.10-12「革命」にのせたパーティクルが美しいです。実写の深度データを Form に反映させたフォログラムのようなイメージにも注目してください。

TrakCinematik (from Trak)

オーディオファイルを読み込み、オーディオに連動した美しいパーティクルを自動的に生成する Audio Reactors(オーディオリアクター)を活用した作品です。

My Experience (from Josh Kump)

摩訶不思議なイメージ。Form に加え、Trapcode Shine が使用されています。

COSM (from Harry Frank)

OBJファイルを使用した3Dパーティクルの生成例です。3DCGソフトなどで作成した3Dモデルから、様々な形状の3Dパーティクルを作成できます。

Trapcode Form 2: The Running Man (from Red Giant)

こちらもOBJファイルを使用した3Dパーティクルの生成例です。Form は、OBJシークエンスから、動きのある3Dパーティクルを作成できます。

FORMv2 horsehorse (from Peder Norrby)

OBJのオブジェクトの走る馬に、Textured Polygon(テクスチャ付きポリゴン)で文字をマッピングしたイメージです。

Trapcode Form Experiment (from Red Giant)

Textured Polygon(テクスチャ付きポリゴン)を使用して作成された、リアルな3Dオブジェクトです。レンズフレアには、Knoll Light Factory が使用されています。

Trapcode Form 主な機能

OBJファイルから3Dパーティクルを生成
OBJファイルから3Dパーティクルを生成

パーティクルを作るグループ形状(Base Form)にOBJファイルが対応。After Effects に読み込んだOBJファイルを使って、3Dモデルや3Dシークエンスの形状から3Dパーティクルを生成します。

48のOBJファイル、5つのOBJシークエンスを収録。(収録.objファイル

クリエイター Harry Frank によってデザインされた新たな19のプリセットを搭載。(収録新規プリセット

シェーディング効果による深度の表現
シェーディング効果による深度の表現

Shading(シェーディング)機能を搭載。After Effects、または Trapcode Lux のライトを使って、パーティクルにシェーディングの効果を加えます。
光源や陰影の処理によって視覚的な深度が得られます。

サブグループの Shadowlet(シャドウレット)の設定では、粒子にソフトなセルフシャドウを追加。パーティクルがほかのパーティクルに影を落とすようにして単一なライトソースから現実的なシャドウイングが行えます。

テクスチャ付ポリゴン&ストリークレット
テクスチャ付ポリゴン&ストリークレット

Particle Type に、Trapcode Particlar 2 の搭載機能の Textured Polygon(テクスチャ付きポリゴン)と Streaklet(ストリークレット)が加わりました。

Textured Polygons は、任意のイメージをパーティクルのソースに使用することを実現。舞い散る葉やはらはらと落ちる雪のようなアニメーションを作成できます。

Streaklet パーティクルは、リボンやライトの通過跡のような複雑な有機的デザインを生成できます。

shading
パーティクルの球体を楕円形へ変形

Layer Map(レイヤーマップ)に粒子を任意の軸に沿って回転させる Rotate を搭載。粒子にそれぞれ違った方向に回転するようにランダムな回転を与えて、粒子が特定の方向に向くように細かく指定できます。

Spherical Field(球体フィールド)に Scale X、Y、Z と Rotate を搭載。パーティクルの球体を様々な楕円形へと変形できます。

Audio Reactors(オーディオリアクター)
Form Z Swirl Experiment (from Harry Frank)

オーディオファイルを読み込み、オーディオに連動した美しいパーティクルを自動的に生成できます。

オーディオプリセットを使用する際は、まずプリセットを適用し、パラメーターの "Audio React >Audio Layer " よりオーディオトラックを選択するだけです。Windows にて推奨するオーディオ形式は、16bit 44khz の.wavファイルです。

Form の基本機能
  • After Effects のカメラ、ライトを使用
  • Audio Reactors(オーディオリアクター)でパーティクルをサウンドと同期
  • シームレスなループ映像の作成
  • 被写界深度のサポート
  • 16ビット、8ビット チャンネルカラーデプス対応
  • モーションブラー機能搭載
  • 非正方ピクセルのアスペクト比を正確に処理
Trapcode Form 2 バージョン1からの変更点
  • Glow(グロー)とSmokelet(スモークレット)設定はOptions Panel(オプションパネル)から独自のGlow(グロー)グループとShadowlet(シャドウレット)グループへと移動しました。
  • Base Form> Sphere が設定されている場合、Layer Map(レイヤーマップ)は無効にならないように変更しました。Form 2 では Layer Map の入力が Sphere Shapes(球形)に対応します。
  • Layer Map の Rotaion サブグループの、Invert Map(インバートマップ)チェックボックスは、お望みのエフェクトを得るために反転したバージョンのプリコンポジションを作成する手間が省けます。

Trapcode Form サンプルプロジェクト

Nebula Construction Kit examples (from Peder Norrby)

Trapcode プラグイン開発者、Peder Norrby 氏が Trapcode Mir とTrapcode Form を活用して制作した Nebula Construction Kit です。

配布する本サンプルプロジェクトは、製品の使用時の参考としてご利用頂けます。複製、及び転用、販売、公開、譲渡などはできません。

Nebula Construction Kit tutorial (from Peder Norrby)

Nebula Construction Kit の制作方法のチュートリアルです。

Trapcode Form sample (from Christophe Clarey (IKESU))

使用プラグイン:Trapcode Form、Partiuclar

配布する本サンプルプロジェクトは、製品の使用時の参考としてご利用頂けます。複製、及び転用、販売、公開、譲渡などはできません。

Form 2 Torch (from Harry Frank)

OBJファイルを使用した炎のイメージです。

Red Giant QuickTip #46: Creating Normal Maps with Trapcode Form

ピッチフォークの先端がねじれていくようなイメージです。立体的な形状の作成にプラグイン「Normality」が使用されています。こちらは別途インストールしてください。

FORMv2 thorns rotate (from Peder Norrby)

Base Form を使って作成されたトゲのようなイメージ。Strings は先が細くなる設定に。Shading は、Shadowlet をONにして、影をつけて立体的にしています。

Text To Sand

テキストやロゴ、3Dモデルなどを、砂や塵のように爆発して散らせる効果の例です。

A on Fire

異なるレイヤーをプロパティのマップとして使い、パーティクルの動きのみを別オブジェクトに反映できます。

Trapcode Form トレーニング

Trapcode Form OBJファイルの使用方法
  1. After Effects のメニュー、ファイル>読み込み>ファイルから.objファイルを読み込みます。(収録.objファイル
  2. コンポジションにobjファイルを読み込みます。OBJの3Dモデル自体は After Effects のプレビューウィンドウでは表示されません。(OBJファイルは、After Effects自体では表示することはできません)
  3. OBJの目玉のアイコンをクリックしてビデオを非表示にします。
  4. 新規レイヤーを作成し、From を適用します。
  5. Form のエフェクトパレットのBase Form>Base Formのプルダウンから OBJ Model を選びます。
  6. Form のエフェクトパレットの Base Form>OBJ Settings>3D Model のプルダウンからコンポジションに読み込んだ.objファイルを選択します。プレビューウインドウにOBJの3Dモデルをベースに生成された3Dパーティクルが表示されます。
  7. Form のエフェクトパレットの Base Form>Size X、Size Y、Size Z で3Dパーティクルの全体のサイズを調整できます。
  8. Form のエフェクトパレットの Particle>Size で3Dパーティクルの粒子、一つの大きさを調整できます。
ayato@web 制作例 56:オーロラ デスクトップ

Trapcode Form と Shine を使用した使用例です。
Mac OS X Leopard のウォールペーパー風のオーロラを表現。

Getting Started with Trapcode Form 2 (from Red Giant)(英語)

Form の基本的な機能について解説しています。

Trapcode Form Experiment Walkthrough (from Red Giant)(英語)

ギャラリー「Trapcode Form Experiment」を解説したビデオです。

Trapcode Form 収録 プリセット(一部を抜粋)

Geometric
  • tf_FluxCapacitor
  • tf_GreenWheel
  • tf_Mona
  • tf_JoyDivision3D
  • tf_JoyDivision
Organic
  • tf_DestroyAllLines
  • tf_Leviathan
  • tf_MassiveString
  • tf_Original
  • tf_RedKaleid
  • tf_RedShard
  • tf_RightStrings
  • tf_RotatingStrings
  • tf_Stringball
Flight
  • tf_Flight
  • tf_FlightLandcape
  • tf_FlightMountain
  • tf_FlightPlasma
Audio Visualizer
  • tf_audioBaseDropLines
  • tf_audioBaseDropSurface
  • tf_audioBlueThing
  • tf_audioDanceCloud
  • tf_audioDesertFlight
  • tf_audioDestroyAllLines
  • tf_audioDropSurface
  • tf_audioEQ3
  • tf_audioEQ3delay
  • tf_audioRiverOfBass
Form 2.0 presets
  • tf2_Cephalopod
  • tf2_CloudNine
  • tf2_CRT
  • tf2_Dissolve
  • tf2_FlishEye
  • tf2_Flame
  • tf2_FluxCloud
  • tf2_HeavensDoor
  • tf2_Lacuna
  • tf2_OvalEcho
  • tf2_Parentheses
  • tf2_PrismRiot
  • tf2_ShadedStrings
  • tf2_SimpleOval
  • tf2_Virus

Trapcode Form 収録 OBJファイル

  • Array_Bucky
  • Array_Dodeca
  • Array_Octa
  • Blood_Cell
  • Bucky_12
  • Capsule_8
  • City
  • Cone_12
  • Cube_16
  • Cylinder_16
  • Disc_8
  • Dodeca_12
  • Icosa_20
  • Lightbulb
  • MetaBlob
  • Octa_8
  • PolyTri_12
  • Pyramid_4
  • Ring_256
  • Sphere_128
  • Torus_36
  • Tube_Long
  • Tube_Medium
  • Tube_Short
  • vertices_20

同梱のOBJファイルの収録ディレクトリ:
インストーラーのフォルダ(TCSuite_Win/Mac_Full)>Documentation and Presets>Product Presets>OBJ Files
(OBJシークエンスは、OBJ Files>OBJ_Seq に収録されています)

Red Giant / Trapcode 社製品使用規約について

Red Giant / Trapcode 社製品は、1ライセンス(1つのシリアルNo.)につき、Windows、Macintosh どちらか1台のコンピューターで使用頂けます。(ライセンス(シリアルNo.)は、Windows と Macintosh 共通で使用できるハイブリッド仕様です。)
インストールは、1ライセンスにつき、2台のコンピューター(デスクトップ1台とノート1台)に行えますが、2台のマシンで同時に使用することは許可されておりません。(ボリュームライセンスプログラムを除きます)