RE:Vision Effects 製品 [シーケンスを長くするための設定]

ここでは RE:Vision Effects のプラグインを使ってシーケンスを長くする(元の映像にフレームを追加する)ための方法を解説します。
現在の RE:Vision の製品の中でこれが当てはまるのは:FieldsKit、Twixtor、ReelSmart Motion Blur です。

・ 本製品単体ではシーケンスを延ばすこと、つまり継続時間の伸縮をすることが許可されていません。よって、継続時間を延ばす為には、特殊な方法を使う必要があります。また、各ホストアプリケーション毎に独自の特性があります。

注意:このマニュアルを読む際、ユーザが使用するアプリケーション以外のセクションは読む必要はありません。

After Effects | Final Cut Pro 6/7 | Final Cut Pro X | Premiere Pro


After Effects

TwixtorやFileldsKitでは、プラグイン単体でソースを延ばすことはできませんので、特殊な方法を使う必要があります。
フッテージを元よりも長くする場合、最も簡単な方法は、フッテージを希望する継続時間のコンポジションに入れ(プリコンポジション)、プラグインを別のコンポジション内にあるプリコンポジションに適用する方法です。

下記の例では、元の"SourceFootage.mov"は19秒で、これを38秒に延ばす方法を解説します。"Source Footage.mov"はプラグインを適用するための、別のコンポジションにもなり得ます。

方法1


まず SourceFootage.mov を Intermediate Comp という名前のプリコンポジションの中に入れます。このプリコンポジションは、最終的に希望する継続時間である38秒に設定されています。


After Effects 図1.希望する継続時間に設定した中間的なコンポジション(プリコンポジション)を作成する。この例では38秒です。

After Effects 図2.Final Comp の中にあるコンポジションにプラグインを適用する [画像:FieldsKit Deinterlacer]

方法2

プラグインを使ってクリップを長くする方法はもう一つあり、この方法ならばフッテージをプリコンポーズせずに済みます。
まず、ソースを加工するためにコンポジションの中にドロップします(ここでは SourceFootage.mov と呼びます)。もちろんソースは別のコンポジションでも使用できます。次に、SourceFootage.movと同じサイズの平面を作成し、その平面の継続時間を、最終的に希望する継続時間に設定します。

プラグインを平面レイヤーに適用し、Source Layer を SourceFootage に設定します(初期設定では、Source Layer は先ほど作成した新しい平面レイヤーに設定されます)。また、コンポジションウィンドウの目のアイコンをクリックしてSourceFootageのレイヤーを不可視化したほうが良いでしょう。不可視化することによって、フッテージの中に透明な部分が含まれていた場合でも加工前のフッテージが覗いて見えることがなくなります。
同様のことを調整レイヤーを使っても行うことができます。平面レイヤーと調整レイヤーは両者ともコンポジションの継続時間を継承します。

After Effects 図3.平面レイヤーを作成する。レイヤーのサイズがソースフッテージと同じ大きさであることを確認してください。

After Effects 図4.プラグインを平面レイヤーに適用し、Source Layer が SourceFootageに設定されていることを確認してください。

注意:

  1. プラグインは最終的に希望する継続時間に設定された平面レイヤーに対して適用する。
  2. プラグイン設定画面の "Source Layer" メニューでSourceFootageを選択します。
  3. 視覚的に混乱することを防ぐために、SourceFootageのレイヤーを不可視化することをお勧めします。

その他の方法

他にも方法として、まずAfter Effects で「フッテージを変換」を使用してフッテージをループさせ、継続時間を延ばします。次に、延ばしたフッテージにプラグインを直接適用することができます。この方法は、インポートしたフッテージに対してのみ使用できます。ネスト化したコンポジションでは使用できません。


Final Cut Pro 6 / 7

Final Cut Pro にて、Twixtor を使ったスローモーションエフェクトを作成します。

1)シークエンス1を作成します。
2)シークエンス1に素材クリップを置きます。
3)素材クリップを、スローモーションに使用する部分のみの尺に編集します。

4)シークエンス1の素材クリップの後に、黒み(黒味のクリップ)を置きます。
ビデオパネルの一番右下にある新規項目ボタンをクリックし 「黒み」を選択。ビューアに表示された黒みを、シークエンスに置きます。

5)黒みのクリップを、Twixtor適用後の出力タイムの長さまで長く伸ばします。
(例えば、10%(元素材の1/)のスローにする場合、黒みの尺は素材の長さ×9倍になります)

6)シークエンス2を作成し、シークエンス1を置きます。

7)続いて優先フィールドの設定を調整します。シークエンス2のシークエンス1を選択し、メニューのシークエンス>設定からシークエンスの設定を表示します。

シークエンスの設定の優先フィールドを「なし」にします。

8)シークエンス2にTwixtorを適用します。エフェクト>ビデオフィルタ>REVision Plug-ins>Twixtor FxPlug をシークエンス2にドラッグ&ドロップします。

9)続いてTwixtorのパラメーターを表示します。
シークエンス2を選択した状態で、Final Cut Pro のメニュー>表示>シークエンスを選択してください。ビューアにシークエンス2が表示されます。

ビューアからフィルタを表示させると、Twixtorのパラメーターが表示されます。
(シークエンス2をダブルクリックしてもフィルタにはTwixtorのパラメーターを表示されず、シークエンス1が表示されますのでご注意ください)

10)Twixtor のSpeed%を100から10に変更します。(元クリップの1/10のスピードになります)プレビュー画面でスローモーション効果が適用されているのをご確認ください。


Final Cut Pro X

プラグイン単体では適用したレイヤー、シーケンスの継続時間を、元クリップ以上に延ばすることはできません。TwxitorやFieldsKitをお使いの場合は、以下のドキュメント(PDF/英語)をご参照ください。

Extend a sequence FCPX(PDF)


Premiere Pro

プラグイン単体ではクリップを元の継続時間以上に延ばすることはできません。以下の手順をご参照ください。

1)シークエンス01を作成します。
2)シークエンス01に素材クリップを置きます。
3)シークエンス01の素材クリップの後に、ブラックビデオ(黒味)を置きます。
  プロジェクトパネルの一番下にある新規項目ボタンをクリックし
 「ブラックビデオ」を選択します。
4)Twixtor適用後の出力タイムの長さまでブラックビデオを長く伸ばします。
(10%のスローにする場合、ブラックビデオの尺は素材の長さ×9倍になります)
5)シークエンス02を作成し、シークエンス01を置きます。
6)シークエンス02にTwixtorを適用します。

このブラックビデオは、Premiereのカウントダウンマーク(Windowsのみ/Universal Counting Lead)を使用することもできます。

元素材とブラックビデオを置いたシークエンス01を シークエンス02 という別のシーケンスの中に入れ、プラグインを適用します。